詩集~揺れるカーテンの下で

2017-09 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





   止まない雨はない  明けない夜はない

   この言葉をはじめて聞いたのはいつのことだっただろう。



   そうか!

   そうだよ!

   この夜もいつか明けるんだ。



   眠れなくて 世界にまるで自分ひとりしか存在しない気がして

   心細くてたまらない夜も

   必ず明けて朝を迎えた



   三時、新聞配達のバイクの音

   こんな時間にも起きている人がいると分かり

   ホッとする瞬間



   あの人は 私がふとんで悶々としている間も

   せっせと新聞を調え 配達準備をしていたんだよ



   四時 雨戸を開ける音

   五時 雀の声

   テレビをつければ 笑顔の天気予報



   そうして、あちらこちらで「おはよう」が交わされ

   誰もが長い夜を抜けて来る



   明けない夜はないんだよ

   それにひとりぼっちでもない

   暗い間は見えなくても みんなここにいる



   私も「おはよう」と言おう



   寝不足だし 泣いてたから

   すぐに元気いっぱいにはなれないけれど

   私の「おはよう」を待っててくれた人もいた



   おはよう


   おはよう


   夜が明けたね


   朝がきたんだよ


   もう大丈夫














スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly

Categories

Entries

Comments

Trackbacks

Profile

醍醐千里/ chisato

醍醐千里/ chisato

詩とエッセイと朗読で言葉を紡いでいます。
メインサイト「詩とエッセイ・揺れるカーテンの下で」はこちらからどうぞ
http://www.chisato7.com

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。